BLOG キオッチョラ・ピッツェリア

  • Ceky社の窯

    ナポリピザとミラノピザ。
    皆様は2つの違いをご存じでしょうか

    簡単に説明いたしますと、ナポリピザは生地が厚く、フワッとモチっとしているのが特徴で、日本で提供されているピザはほとんどナポリピザで提供されています。ナポリピザはこのピザ1枚で食事が終了し、1枚でお腹いっぱいになるのが目的に作られたピザです。
    一方、ミラノピザは薄生地で外はカリッと、中はフワッと、モチっとしているのが特徴です。ミラノピザは前菜~デザートに至るまで全部に応用でき、食事を楽しむために作られたといっても過言ではないです。


    このミラノピザを提供するには技術ももちろん必要ですが、ピザを焼く窯の形が重要です。
    ナポリピザ用の窯は窯内部の高さが高くゆっくり火を入れ膨らませます。
    対してミラノピザ用は窯内部が低くなっており天井からの反射熱が入りやすいようにし、素早く焼き上げられるようになってます。

    キオッチョラ・ピッツェリアで使用している窯はイタリアのCeky(チェキ)社の窯を輸入して導入いたしました。
    Ceky社の窯は伝統的な手作業で窯を作り上げていき、耐火煉瓦を使用することで保温性が維持できます。
    これによって、薄くてもピザのチーズがグツグツ煮えたぎる状態が出来上がります。


    写真は当時イタリアへ視察に行った時の写真です。
    立てかけられているのはピザが焼かれる土台の部分です。

    キオッチョラ・ピッツェリアでは本場イタリアの窯を使用し、ピザ生地から手作りをし、一枚焼けるようになるには相当な熟練度が必要です。
    限られた人しか本物の”ミラノピッツァ”は提供できません。

    本場のミラノピッツァを是非ご賞味くださいませ。

ACCESS

お気軽にお問い合わせください。

- TEL -
03-3258-5671 03-3258-5671
受付時間 年中無休
- 営業時間 -
[月~日]
ランチ 11:00~15:30(L.O15:00)
ディナー 16:00~22:00(L.O21:30)
※定休日は秋葉原UDXに準じます
東京都千代田区外神田4-14-1 秋葉原UDX内AKIBA_ICHI 1F